2011年07月31日

身近な和のハーブ

山野草が好きであれこれ育てたり調べたりするうちに山菜や
薬草といわれる和のハーブにすっかりはまってしまいました。
今までは気にも留めていなかった、いわゆる雑草と呼ばれる
ものにも色々役立つ植物が多くあることを知って、最近は
自分で採集したもので和のハーブ茶を作ってたしなんでいます。
おかげで節電の夏も快調です。
今年良く飲んでいるのは、和のハーブではドクダミ(十薬)
ゲンノショウコ、和ハッカ、柿の葉茶、ビワの葉茶、ウツボグサ
(夏枯草)などで、西洋ハーブではレモンバーム、レモングラス
ミントなどです。ドクダミなどは生の葉の臭いは思わず敬遠したくなる
臭いですが乾燥させるとあの独特のにおいはすっかり消えてミントや
和ハッカとブレンドすると夏向けのハーブティーになります。


良くお世話になっている参考書です。


タグ :和のハーブ

同じカテゴリー(ハーブ)の記事画像
ホップ
グロッソラベンダーの復活に向けて
フェンネルと西洋ノコギリソウ
クワ茶の作り方
ハ-ブ乾し
ハーブの花
同じカテゴリー(ハーブ)の記事
 ホップ (2011-07-20 08:37)
 グロッソラベンダーの復活に向けて (2011-07-12 07:57)
 フェンネルと西洋ノコギリソウ (2011-07-04 08:00)
 クワ茶の作り方 (2011-06-28 16:00)
 ハ-ブ乾し (2011-06-22 17:00)
 ハーブの花 (2011-06-18 08:00)

Posted by メドウおじさん at 08:00│Comments(0)ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。