2011年07月17日

梅雨のシェードガーデンの主役

梅雨の日陰の庭の主役の一つが斑入りの植物があります。
少し暗めの場所に使うとそこだけ植物がうきあがるように
見えます。イングリッシュガーデンの華やかな宿根草の花
も大好きですが、日陰のリーフガーデンもしっとりと落ち
ついた風情が楽しめます。



夏の日陰の庭の主役、ギボウシです。イングリッシュガーデンでも
ホスタと呼ばれる改良種が良く使われます。



斑入りのミズヒキです。固定度が高く種を撒いても斑入りが発生します。



斑入りのドクダミで五色ドクダミとも呼ばれます。紅葉もきれいです。



半化粧です。夏のこの時期の葉だけ白く変身します。


タグ :斑入り植物

同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
キレンゲショウマ
奈多海岸の植物
キャットテールとヒルザキツキミソウ
カライトソウ
シモツケソウ
ネジバナ(モジズリ)
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 キレンゲショウマ (2011-08-06 12:00)
 奈多海岸の植物 (2011-07-23 08:00)
 キャットテールとヒルザキツキミソウ (2011-07-18 08:00)
 カライトソウ (2011-07-16 08:00)
 シモツケソウ (2011-07-15 08:34)
 ネジバナ(モジズリ) (2011-07-05 08:00)

Posted by メドウおじさん at 08:00│Comments(2)季節の花
この記事へのコメント
シャレタ感じの葉っぱですね

自然は面白い事やってくれますね!。。〇
Posted by ji-anji-an at 2011年07月18日 00:20
斑入りは色々変化があっておもしろいです。
半化粧など期間限定でホント、不思議です。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2011年07月18日 13:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。