2010年10月29日

名島の史跡

名島や多々良浜一帯は古くは神功皇后の伝説に始まる名島神社の
お膝元として、また中世戦国時代は豊臣秀吉の九州遠征の核として
小早川隆景が名島城を拠点として治めました。
今はすっかり様子も変わり住宅街となっていますが、幅一車線の曲がった
道路など昔をしのぶ地形は今も残っています。
今も昔を物語る史跡も点在し歴史好きの方には興味ある街です。



戦国時代の終盤、この地の英雄を偲ぶ碑です。説明板にあるようにずいぶん強い武士
だったようです。同時代の佐々木小次郎や宮本武蔵ほど有名ではなかったかもしれま
せんが地元のかたがたは今も大事に思われています。





この場所は今は小さな公園になっています。この大木は楠の木で福岡市の保存樹に
指定されています。

http://www.yokamon.jp/shop/Y692/


タグ :名島

同じカテゴリー(街の紹介)の記事画像
東長寺
郷家のラーメン
うきはの吉井町
アイランドシティ中央公園
アイランドシティの人道橋
伊野神社
同じカテゴリー(街の紹介)の記事
 東長寺 (2012-07-21 11:04)
 郷家のラーメン (2012-05-21 21:00)
 うきはの吉井町 (2012-05-16 21:47)
 アイランドシティ中央公園 (2012-05-12 19:21)
 アイランドシティの人道橋 (2012-04-23 19:05)
 伊野神社 (2012-04-06 18:07)

Posted by メドウおじさん at 12:23│Comments(0)街の紹介
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。