スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2011年07月11日

7月の香椎の杜の棚田

香椎の棚田は田植えの終わった稲がぐんぐん成長を始めています。
山すその夏草もすごい勢いで伸びて、一週間で10センチ近く伸び
ているように感じます。先月土手に進出していた真竹のたけのこも
刈り取られていました。里山を維持するには必要な処置で、ありが
たいことです。
最近里山では竹林の暴走が問題になっています。荒れた竹林が里山に
進出すると手がつけられなくなります。香椎の杜でも兆候が出ているので
気になります。




チョウセンヨメナがもう咲いています。
  
タグ :棚田17


Posted by メドウおじさん at 08:40Comments(0)香椎の森 棚田

2011年06月29日

6月下旬の棚田

香椎の杜の棚田も田植えが終わって一段落です。
一方棚田の土手は連日の雨を受けて草木が伸び放題になってきました。
土手のすぐ裏に真竹が群生しているのですがこれが棚田の土手に侵入
してきています。里山が荒れて行く典型的なパターンの一つです。
たけのこのうちに切ってしまうのが一番ですが地主のお百姓さんも
一休み中なのでしょう。ぜひ切って里山を守ってほしいものです。
山すそには白いオカトラノオが咲いています。花の様子が太い虎の
尻尾のように見えるところからそう、呼ばれます。
植物には○○トラノオと呼ばれるものが結構あります。







テリハノイバラが咲いています



オカトラノオがきれいに咲きそろっています。
  
タグ :香椎の杜


Posted by メドウおじさん at 08:00Comments(0)香椎の森 棚田

2011年06月12日

6月の香椎の杜の棚田

6月に入り香椎の棚田も田植えが終わりました。昨年の今頃は下の棚田も
田圃だったのが今は宅地開発され家が立っています。香椎のおいの杜は
福岡市から予算がついたのか、下草が刈り取られ明るくなりました。
里山は人の手が入らないと荒れるので良かったです。昨年に比べると
今年はクサイチゴや、木苺がたくさん実がついたような気がします。
反面草刈り機が入ったのでヒヨドリ花やオカトラノオが花が咲くか少し
気になります。


香椎の棚田も田植えが終わりました。


田の草取りの手入れをされています。


ヘビイチゴの黄色い花です。
ノアザミの花ですがそろそろ終わりです。
 木苺の仲間のクマイチゴですが、実のほうは食べられています。
ムベの小さい実がついています。秋が深まる頃食べれます。  
タグ :棚田16


Posted by メドウおじさん at 17:00Comments(0)香椎の森 棚田

2011年05月20日

5月の棚田

香椎の杜の棚田は田起こしも終わり、田植え目前です。
香椎川水源の一つである貯め池の土手は草が伸び放題
だったのですが、ここを管理されているお百姓さんが
きれいに草刈をされていました。ナルコユリなども刈り
取られていましたが、こうして草を刈ることでゲンノ
ショウコなどは日当たりがよくなって良く成長します。
里山はこうして人の手が入るとバランスよく環境が保
たれますがひとたび放棄されると荒れて手がつけられ
なくなります。
香椎の杜の変化を一年を通して定点観測で追いかけま
したが思っていた以上に自然豊かな香椎の杜です。
願わくばここの環境がいつまでも残りますように。



土手と畦がきれいに草刈されています。もうじき田植えです。



山すその土手は黄色いニガナが花盛りです。


ノアザミにモンキアゲハがやってきました。
ツクシタツナミソウとグラデーションがきれいなリョウメンシダです。  
タグ :香椎の杜


Posted by メドウおじさん at 17:00Comments(0)香椎の森 棚田

2011年04月22日

4月の棚田、田起こし完了

香椎の杜の棚田ですが耕運機が入って田起こしが
完了しました。そろそろモミ播きをして苗作りが
始まるころです。
ため池の堤や土手では野草がぐんぐん生長しています。
今はスミレとキンポウゲが花盛りです。スミレの種類は
山地に多いタチツボスミレがおおいですが、ここには
変種のナガバノタチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ
白花のアリアケスミレ、ちょっと珍しいところでシハイ
スミレが咲いていました。シハイスミレは漢字で紫背菫
です。スミレを小型にした感じですが葉の裏が紫色で花に
香りがあるのが特徴です。里山でよく見かけますが、今は
里山自体が貴重なのでその数も少なくなっています。
棚田に水が張られるころ土手にはナルコユリの白い花が
咲いているでしょう。




春の新芽で山が輝いています。

香椎の杜の花です。左からムベ、アケビ、アリアケスミレです。  
タグ :棚田15


Posted by メドウおじさん at 08:36Comments(0)香椎の森 棚田

2011年04月07日

4月の棚田

香椎の杜の棚田も目覚めの季節です。棚田周辺の土手では
ナルコユリ、ウバユリ、ノダケなどの芽吹きが始まっています。
道端では薄紫のタチツボスミレや鮮やかな黄色のキンポウゲの
花が自然のメドウ状態です。もうすぐすると山桜も咲きますので
そうなればいっそう華やかな春の始まりです。




4月の棚田の様子です。田圃の田起こしはまだですが土手には春の芽出しが始まっています。


左からナルコユリ、ウバユリ、ノダケです。ナルコユリとウバユリは山菜として食べれます。

http://www.yokamon.jp/shop/Y692/   
タグ :棚田14


Posted by メドウおじさん at 08:53Comments(0)香椎の森 棚田

2011年03月15日

3月の棚田

香椎の森の3月の棚田の様子です。啓蟄も過ぎて暖かい日差しと寒の戻りが
繰り返される季節です。棚田もお休み中ですが、下のほうの田んぼは春野菜の
畑になっていました。まだ冬枯れの部分が多いですが畦道には春の草が青々と
芽吹き始めています。今月末には緑の風景に変わっていることでしょう。
春の目覚めが楽しみです。



日差しはすっかり春の日差しです。




近くにはフキノトウが生えていました。(ここのものは栽培しているものです)



天ぷらで頂くには育ちすぎですが蕗味噌ならいけます。
  
タグ :棚田13


Posted by メドウおじさん at 08:14Comments(0)香椎の森 棚田

2011年02月14日

2月の棚田

立春の少し前の香椎の森の棚田の様子です。1月の頃と余り代わり
映えしていません。すっかりお休み中です。
お百姓さんはこの時期田仕事は少ないかもしれませんが、冬野菜など
畑は一年中動いています。2月も下旬になるとそろそろ春野菜の準備が
始まります。メドウガーデンでも春の種まきの準備が始まります。 
 


http://www.yokamon.jp/shop/Y692/   
タグ :棚田12


Posted by メドウおじさん at 08:17Comments(0)香椎の森 棚田

2011年01月12日

真冬の棚田

年が明けてはじめて香椎の森へ行ってみました。
冬の棚田は静かな休息の時のようです。稲穂の刈り跡もすっかり
枯れ果てています。そんな休耕田ですが、周囲の草原は結構
緑色が見えます。よく見てみると宿根草が越冬葉(ロゼット)
で冬の寒さに耐えています。地面にへばりつくように葉を広げ
寒い北風を避け、少しでも光を吸収できるようにしています。
立春を過ぎるとぼちぼち成長をはじめ春のお彼岸を過ぎると一気に
成長をはじめます。





ノアザミのロゼットです。地面に張り付いて春を待っています。
http://www.yokamon.jp/shop/Y692/ 
 
  
タグ :棚田11


Posted by メドウおじさん at 09:42Comments(0)香椎の森 棚田

2010年12月08日

師走の棚田

12月になって香椎の森の棚田もすっかり冬模様です。
稲刈りの後もすっかり枯れてしまいました。
こうして冬の棚田は春までお休みです。棚田の周りの土手は
冬の間も季節の野草が咲いています。今の季節は土手には
ツワブキの花です。しかしそれも霜の降りるまで、今週から寒
くなるそうですから一気に冬のフィルードに模様替えです。






土手のツワブキが綺麗です。写真はちょっと露出オーバーになりました。

http://www.yokamon.jp/shop/Y692/
 
 
  
タグ :棚田10


Posted by メドウおじさん at 08:55Comments(0)香椎の森 棚田

2010年11月14日

初冬の棚田

立冬(今年は11月7日)も過ぎて香椎の森の棚田も北風が寒く感じる頃です。
周囲の山も紅葉が進んでいます。田んぼの回りも秋の花の花色が濃くなっていきます。
今が盛りなのはツワブキの黄色とアキノタムラソウの青が山すその土手で目につきます。
ため池の周りにはチカラシバの紫の穂が光を受けて綺麗です。
朝夕の最低気温が10度を下回ると一気に紅葉が進み、落葉樹は葉を落として冬支度が
始まります。





周りの山々も紅葉が進んでいます。

http://www.yokamon.jp/shop/Y692/
 
 
  
タグ :棚田9


Posted by メドウおじさん at 19:35Comments(0)香椎の森 棚田

2010年10月29日

晩秋の棚田

稲刈りもすっかり終わった香椎の森の棚田ですが写真を見ると
青々としています。早稲の稲を刈り取った後に再び芽が伸びています。
今年のように気温が高いと特にこういう現象が現れやすいようです。
一部の元気の良い株は再び実をつけることもありますが、霜が降りる
頃には完全に枯れて来年まで田んぼはおやすみです。
土手の草も地主さんが綺麗に刈り取ってくれています。里山はこうして
手入れをすると豊かな植物群落が形成されていきます。




http://www.yokamon.jp/shop/Y692/ 
  
タグ :棚田8


Posted by メドウおじさん at 09:30Comments(0)香椎の森 棚田